何事も経験が重要ですよね。体験をしてみて見えてくる事柄もあるからね。

>

今、決めなくてもいいよね。

人を見る観る、視る

従業員の人や利用者であるお客さんの雰囲気をみるのも大事だよね。
どんなタイプの人が集まってくるお店なのか、自分の感覚で確認しておきたいものです。
友達からの話と自分自身が体験して感じることとは、違ったりするからね。友達と好みが似ていても、人格も違うのだから、感じ方や印象も違って当然でしょ。それと同じように、自分を見る人もいろんな視線でみてくるのということですよね。
別に、傍目にビクビクすることもないけど、ある程度は、限られた世界であっても、自分はどの程度なのか、そんな人に好感をもっていただけるのかなどを図ることもできる仕事だよね。
また、お店が介入しているのだから、プライベートは一切公表する必要もないからね。

出勤する店は?

立地条件もだけれど、その建物の構造的に火災が起きた場合の避難経路も見ておきたいものです。だって、火事になって、大変な目にあるのは嫌でしょう。
そして、人によっては、隠しておきたい勤務である可能性もあるのだからね。そんな怖い目にあう人も少ないとは思うけれど、一応、頭の隅にでも置いておくといいようなきがするのよね。
だって、災害や地震も多くなってきているのものね。そして、自宅からの距離も重要かもしれないですね。近すぎず、遠すぎずってところかな。
あんまり遠いと、通勤に、たいへんだし、近すぎても、なんとなくプライベートと近いって気にしてしまうこともありそうだしね。
また、通勤経路についてもみておく必要があるかもしれないですね。
電車の本数が少ないとか、店までの道が、ちょっと怖いとかね。心配事は一つづつ無くしていきましょう。


この記事をシェアする

トップへ